ABOUT歯みがきミュージアムとは


日本のオーラルケアの現状と問題点

世界的に赤信号レベルの日本人の口腔衛生状態

日本のオーラルケアの現状と問題点

医療制度が整い、健康に関する情報が豊富で意識も高い日本ですが、実際は80歳前後の高齢者の残存歯数を世界と比較すると決して多くなく、歯の寿命は長くなった平均寿命に追い付いていないのが現状です。

歯科医療従事者なら誰もが認める予防歯科先進国の1つであるスウェーデンをみると、成人の歯周病罹患率は日本の80%に対して、わずか20%と低く、80歳前後の残存歯数においては日本の9本に対して、スウェーデンは25本と高くなっています。

歯は全身の健康の原点とも言われるように、歯周病は単なる病気でなく、心臓病・肺炎・低体重児出産・糖尿病・認知症・誤えん性肺炎などの病気とも関連があると最近の研究結果として報告されており、高齢化社会を迎える日本において、次なる目標である健康寿命の延伸には歯周病対策は急務です。


歯周病菌の恐怖

歯周病は歯が脱落するだけではなく、全身の健康をも脅かすことが最近の研究で分かってきました。歯周病菌は腫れた歯茎から簡単に血管内に侵入し、全身に回ります。多くの日本人が歯周病になり、正しい口腔ケアの普及が急務だと考えました。


歯みがきミュージアムの役割

1.予防先進国ヨーロッパの歯みがき事情、最新の歯みがき用品の紹介

世界でオーラルケアが進んだ国はヨーロッパです。特にスウェーデンは世界一とも言われており、家庭での歯磨き習慣には「2×4の法則」があります。

  • 1日2回2分
  • 歯みがき粉2cm
  • 歯みがき後2時間うがいしない

スウェーデンではフッ素を多用し、隣国のフィンランドではキシリトールを多用しています。また、スイスではクラプロックス社の7200本という細く、毛の数の多い歯ブラシも世界中に浸透しています。一方アメリカ歯科医師会でも1日2回2分間を推奨しています。


2.歯ぶらしえらびアプリ

日本では現在歯みがき用品が氾濫しています。定期検診率が極端に低い日本(2%)では、家庭でのオーラルケアが大切です。自分の歯みがき習慣、お口の状態に合わせた歯ブラシ類の選択にはマニュアルがありません。そこで自分のお口の状態を入力することで最適な歯磨き用品の選択ができるよう推奨アプリを開発中です。AI機能により、お客さま一人ひとりの症状に合わせて、最適な歯ブラシをお勧めできるようになります。

詳細はこちら



3.子どもの歯みがき習慣

成人のオーラルケアについては、日本人の歯みがき実態に即した対策として、歯みがきミュージアム、予防先進国ヨーロッパの歯みがき紹介、gugu歯ブラシ開発など講じてきました。
しかし、予防習慣の主役は子ども時代です。
ヨーロッパと日本の違いは、オーラルケアに対する意識の高さです。
福祉に早くから重点を置いているヨーロッパでは、子どもの歯みがきを徹底しています。
国もフッ素、キシリトール、学校での歯みがき指導など積極的に参加しています。

習慣は、大人になってから変える事は難しく、例えば今まで2分間の歯みがきを10分間に伸ばす事は現実的ではありません。

だから、子どもの時から正しくて、現実的な歯みがき習慣を身に付けさせたいのです。

詳細はこちら



4.ペンタゴン歯ブラシ©の開発

歯ブラシから日本人のオーラルケアを向上させたい!との思いから生まれたのが「ペンタゴン歯ブラシ©「gugu」」です。日本人の歯ブラシの習慣を独自に調査し、にぎり・みがき時間・みがき方それぞれの視点から最適な形を生み出しました。

ペンタゴン歯ブラシ©「gugu」

詳細はこちら